だるまっかのポケ論文!

ポケモンときどきシャドバ

【WCS2019 ウルトラルール】令和グラカイトリル

こんにちはだるまっかです。

前記事をアップデートして令和初の投稿となります!

 

Sdで結構上位までいけてたのである程度強いです!!!(平成時代に使ってました)

f:id:dororu3121:20190322014338j:image

Showdown1595 勝率80.5%

f:id:dororu3121:20190322003821j:image

 

こちらが令和の構築となります

f:id:dororu3121:20190502202133j:image

 

QRレンタルパーティ

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-48A9-888F

※グラカイのHが微妙にBDに回ってます

 

sdテキスト

https://pokepast.es/b2ad50cd882c4dae

 

【構築ができるまで】

ゲンガーでトリルしたい!→流行り(INC抜けが多い)のサイチェンテテフ→トリルは全体技が強いグラカイ!→保管にガエンを入れた。後1匹は見せポケとしてマンダを採用した。

その後最低限耐えたい耐久や苦手なポケモンに対しての処理ルートを調整して完成。

マンダを全く選出しないので最終的にトゲキッスとなった。

 

【構築】

f:id:dororu3121:20190321011259j:image

HB:陽気グラードンのダブル断崖の剣耐え

C:PFサイコショックZでC特化グラードンの大地の力耐え調整のグラードンまで確定1発

S:準速ランドロス抜き

フィールド巻き+Z軸。ゲンガーと並べてトリルをするため苦手なグラードンランドロスを意識した調整に。

トリルのお供サイドチェンジとモロバレルやドータウンに強い神秘の守りを採用している。トリル最終ターンにサイドチェンジZを使うこともまあまああるので意識しておく。

 

f:id:dororu3121:20190311102836j:image

C:ヘドロ爆弾でH4振りカプ・テテフ確定

HB:A-1意地ランドロス地震ダブルダメージ確定耐え

意地メガガルーラの噛み砕く最高乱数以外耐え、無補正の場合1回目Bダウンでも耐える。

HD:無補正ルナアーラシャドーレイ確定耐え 月食ネクロの無補正シャドーレイは43.7%で落ちる 

ゲンシカイオーガの雨根源確定耐え、スカーフオーガの雨潮吹き確定耐え

S:最遅

 

自慢のメガゲンガー。サイドチェンジすれば良いのだがカプ・テテフと弱点が被っているためルナアーラを意識した配分にした。テテフゲンガー選出をすると重力催眠を警戒してくれるのでトリルはほぼほぼ決まる。

 

f:id:dororu3121:20190321010303j:image

変な技を搭載しているグラードン。トリル下で暴れまくりたい為思考停止HA。レックウザ意識のドラゴンクローとワイガツンデツンデ意識、また同速意識でアームハンマーを採用した。意表をつく構築なのもあってトリル下で上を取られることも少ないので守るは不採用に、炎のパンチはカイオーガとの相性が微妙でワイガツンデが重かったので不採用にした。

 

f:id:dororu3121:20190321010439j:image

テンプレカイオーガ。思考停止HC。グラードンを出した後に出す。

 

f:id:dororu3121:20190312221834j:image

A:-1ガオガエンZで4振りルナアーラ確定1

HD:CS臆病ウルトラネクロの大地の力耐え

S:追い風で130族抜き

テテフゲンガー選出をできない月食ネクロ+テテフなどに選出。耐久は必要最低限確保してあとは火力に回すことにした。結構Sに降っているのでガオガオ猫に勝てる。トリル下で相手のガエンより遅く蜻蛉できるのもポイント。

 

平成グラカイはマンダを採用していた。

f:id:dororu3121:20190312222055j:image

HD:控えめテテフのムーンフォース耐え、臆病コケコのフィールド電気Z耐え C222原始グラードンのめざ氷耐え

S:最速カミツルギ抜き(109族)

追い風始動役。テテフゲンガーの苦手なグラードンに強い軸。選出するというよりは初手グラードン抑制という感じの採用。最低限の仕事はしたい為HDベースのボーマンダを採用した。正直全く選出しなかったがきつい並び(グラバレル)のようなのの牽制となっていたので仕事はしていたと思う。

 

令和グラカイではこちらを採用している

f:id:dororu3121:20190502202537j:image

HB:陽気球レックの画竜点睛最高乱数以外耐え

HD:C198ゼルネの+2ジオコンを93.8%耐え 臆病テテフのPFエスパーZ耐え

S:無補正ガオガエン抜かれ

マンダを全く採用しなかったので採用した軸。追い風が使えるので偽装がバレにくい。

天の恵みで6割の怯みを狙えるエアスラ、最強のサポート技この指とまれ、猫ジオコンを牽制できるアンコール、最後に構築単位で無理だったラッキーやヌケニンに強い毒毒を採用した。

最遅にした理由はガエンに猫打たれた後トリル下でアンコールを打ち込むことができるからである。

 

【選出】

基本選出

先発:ゲンガー+キッステテフガエンから1体

後発:グラカイ

これ以外ない。トリル打ってグラカイで暴れる。それだけで勝てます。

根源や断崖は外れますが重力催眠の圧を見せてからトリックルームのアドバンテージが凄まじいのでそこまで問題ありません。

 

【プレイング】

序盤:ゲンガートリル 隣はサポート

ゲンガーでトリルを貼ります。相手視点テテフゲンガーの重力催眠やトゲキッスの追い風などが想定される為ゲンガーのトリルは初見からほぼほぼ通ります。

カイオーガ入り構築の場合ゲンガー+グラードンでロックできる為ゲンガーを大切に扱いましょう。

 

中盤:トリル下で暴れる

相手が初見の場合モロバレルなどトリル下で活躍できるポケモンを入れていないことも多くその場合はeasy winできます。

無理に後続のグラカイに交代せずにゲンガー+1で殴っていきましょう。カイオーガ構築はグラゲンロック決めればほぼほぼ勝ちです。

ちなみにグラードンカイオーガの順番で出さないとカイオーガが冷B打つだけの置物になるので気をつけましょう。ゲンガーの守るを活用すれば問題ないと思います。

 

終盤:トリルアドを生かして殴り合い

途中でトリルが切れてしまうこともありますがゲンシカイキ種族値780を使い普通に殴り合いができます。トリル最終ターンにテテフのサイドチェンジZを使い素早さを高めておくこともありますので意識しておきましょう。

 

【まとめ】

グラカイはやるやつ!令和もがんば令和!